実際にあった探偵のトラブル事例

戸籍謄本など全国に755件不正請求宝塚の事務所

興信所の身元探偵などに絡み、行政書士が特別に認められている請求書(職務上請求書)を悪用して戸籍謄本や住民票などを不正取得していた問題で、すでに兵庫県から業務禁止処分を受けている宝塚市の元行政書士(80)の事務所が、2002年1月から約2年10カ月の間に、戸籍謄本など計755件を請求していたことが21日、分かった。

請求していたのは同行政書士の事務を補助していた職員(補助者)で、県などの調べで、大半が不正請求と判明。神戸市の元行政書士(62)の不正請求分と合わせ、被害が全都道府県に及んでいることが明らかになった。

補助者らはこれまで「書類はすべて焼却処分した」としていたが、兵庫県行政書士会などの要請で、5月までに計9枚の請求リストを提出。リストには、目的と部数、請求先などが列記されていた。請求先には全国の自治体名が並んでいた。

  |  

一覧へ戻る

お1人で悩まず、お気軽にご相談ください

フリーダイヤル0120-1889-45

受付時間 8:30〜19:00 ※日曜日・祝日は18:00まで
お客様のプライバシーを守るため、ご来社は完全予約制となっております。

メール相談カウンセリング予約アフターケア

「品川めぐみ調査事務所」は有限会社ディーバが有する登録商標です。登録第5411692号

お問い合わせ

0120-1889-45

メール相談カウセリング予約アフターケア

お客様のプライバシーを守るため、
ご来社は完全予約制となっております。

「品川めぐみ調査事務所」は
有限会社ディーバが有する登録商標です。
登録第5411692号

Return to Top ▲Return to Top ▲