調査事例

自宅のポールを抜き取る人物の特定調査

基本情報

相談者
男性(47歳)福井県福井市在住
対象者
不明

ご依頼に至るまでの経緯

相談者は、自身の敷地と歩道の境界に夜間に自動で光るポールを10本ほど設置していた。
ポールが何者かに抜き取られることが相次いだため、警察に相談をするも相手方が特定できなければ難しいとの回答であった。
誰が何の目的でこのようなことをしているのか不安に感じたため、相手方を特定したいと相談に訪れた。

調査結果

監視カメラを設置した上で、調査員を配置。調査開始から6日後に50代位の女性が日中に相談者宅のポールを抜き、道路に放置する場面を確認しました。
調査員が女性の追跡調査をしたところ、相談者宅からほど近いところにある住宅に入っていくのを確認し、身元の特定に成功した。

後日談

調査報告書作成後、監視カメラの映像を見ながら相談者に女性を知っているかを確認したが、全く心当たりがないようであった。
依頼者が女性宅を訪れ事情を聞いたが、はっきりとしない回答であったとであったことから、破損したポールの弁償、精神的苦痛に対する慰謝料の支払い、再発防止を約する契約書を専門家に作成していただき、無事相手女性と示談をすることができた。同居人が連帯保証人となってくれたため、安心することができたと連絡をいただきました。
  |  

調査事例一覧へ戻る

お1人で悩まず、お気軽にご相談ください

フリーダイヤル0120-1889-45

24時間365日対応

お客様のプライバシーを守るため、ご来社は完全予約制となっております。

メール相談カウンセリング予約アフターケア

「品川めぐみ調査事務所」は有限会社ディーバが有する登録商標です。登録第5411692号

お問い合わせ

0120-1889-45

メール相談カウセリング予約アフターケア

お客様のプライバシーを守るため、
ご来社は完全予約制となっております。

「品川めぐみ調査事務所」は
有限会社ディーバが有する登録商標です。
登録第5411692号

Return to Top ▲Return to Top ▲