新着情報

当社が北陸中日新聞で紹介されました

2016年2月16日付け、北陸中日新聞の記事「記者が迫る」に当社看板が取り上げられました。

当社が北陸中日新聞で紹介されました

異彩看板誕生秘話

一見見て、忘れられない看板に出会うことがある。
デザイン、店名の由来・・・。
気になってしょうがない看板は北陸にも沢山ある。中でも「品川めぐみ調査事務所」と「ボンジュールSAKATA」の両看板は特に異彩を放つ。どうしてこのような看板が生まれたのか探った。

石川県を中心に、富山、福井の北陸三県で掲げられている「品川めぐみ調査事務所」の看板。
石川県白山市の国道8号の乾町交差点付近など、その数およそ二十五枚。黒と黄の目立つ配色に加え、シンガー・ソングライター中島みゆきさんのCDジャケットに出てきそうな、物悲しげな表情の白人女性の写真。一体どんな人なのか。想像が膨らむ品川めぐみさんに会おうと、金沢市玉鉾の調査事務所を訪れた。

出迎えてくれたのは事務所代表の松居桂子さん(50)。まずはストレートに「品川めぐみさんは一体どんな方なんですか」と聞いてみた。松居さんは「「品川めぐみ」はあくまで事務所の名前」と明かした。しかし、実質的には浮気など調査依頼を受けるのは松居さんのため、「私の呼び名でも有ります」とも。

どうして実在しない人物の名前をつけたのか。松居さんは「品川は東京都心の地名。洗練されたイメージを持ってもらいたいということから。めぐみは人生にめぐみがあるようにとの思いを込めた。平仮名なのは優しいイメージを持って欲しかった」と理由を教えてくれた。

物憂げな横顔の白人女性については「看板を作るときに業者の人が選んだ画像なので、自分もあったことがない」と笑った。

看板の効果は絶大で、客の九割は看板を見て訪れるという。

「探偵業は長続きしないケースが多い中、今年で22年目を迎えることができたのは看板のおかげ」。愛され続ける看板に感謝していた。

  |  

一覧へ戻る

お1人で悩まず、お気軽にご相談ください

フリーダイヤル0120-1889-45

受付時間 8:30〜19:00 ※日曜日・祝日は18:00まで
お客様のプライバシーを守るため、ご来社は完全予約制となっております。

メール相談カウンセリング予約アフターケア

「品川めぐみ調査事務所」は有限会社ディーバが有する登録商標です。登録第5411692号

お問い合わせ

0120-1889-45

メール相談カウセリング予約アフターケア

お客様のプライバシーを守るため、
ご来社は完全予約制となっております。

「品川めぐみ調査事務所」は
有限会社ディーバが有する登録商標です。
登録第5411692号

Return to Top ▲Return to Top ▲